こんにちは。
株式会社きびだんごでホームページ制作を担当させていただいている多田です。
企業ブログを運営していて「なにを書けばいいのだろう?」「書くネタがなくなってきた」など、更新業務に苦戦している広報担当の方は多いのではないでしょうか。
その結果、更新が滞っている現状もあるかもしれません。
そこで今回は、企業ブログの目的と効果的な記事を書くコツやポイント、テーマの見つけ方について紹介していきます。

 

 

そもそも企業ブログの目的と役割は?

企業ブログを更新する目的として、顧客に親近感を与える、自社の業務内容を認知してもらうなど、企業によって目的はさまざまあると思います。
しかし、共通して言えることは、企業ブログを通して少なくとも企業の利益に貢献するという目的が大前提にあるのではないでしょうか。
その目的に対して企業ブログが担う役割は「アクセスを集める記事」「ユーザーの共感を得てファン化する有用な情報」「情報拡散・顧客化への誘導」です。
つまり、この役割から外れる企業ブログの運営や記事の作成を行っていても目的である企業の利益に貢献することはできないのです。

また、企業ブログはユーザーにとって有益なコンテンツを用意することが重要です。
つまり、ユーザーが持つ課題を解決できるコンテンツでなければならないのです。
なぜなら、課題解決によってユーザーは満足感を得て、そのコンテンツを提供してくれたサイトに信頼感を持ち、再びサイトを訪れるようになるからです。

 

 

テーマを決めるポイント

ユーザーにとって有益なコンテンツを作るために、まずはテーマを決めることが重要です。では、テーマを決めるためにどのようなことに気をつければいいのでしょうか。そのポイントについてご紹介していきます。

まずは、どのようなユーザーに届けるコンテンツを作成するのか、ターゲットの設定を行っていきましょう。
例えば、今回の記事であればターゲットは「企業ブログを運営する広報担当者」です。
そして、ターゲットがどのようなことに課題を感じているかを想像した結果、「企業ブログの書き方」について知りたいのではないかと考えました。
そのうえで、その課題に対し自社が提供できることは何なのかと考えたところ、今回のテーマを「企業ブログを書くコツとポイント」にしようという結論に至りました。
このように、ターゲットを設定をすることにより、テーマを決めることができるのです。

 

 

ライティングのポイント

ターゲットとテーマが決まったら、いよいよ実際のコンテンツ制作、記事を書いていきましょう。
ここからは実際に記事を書いていくうえでのポイントを、順を追ってご紹介していきます。

 

要素を書き出す
まずはユーザーがどのような意図で検索し、何を知りたいのかを考えたうえで、記事を構成するための要素を書き出してみましょう。
この段階では箇条書きでもよいので、記事全体の骨格を作るようなイメージで作成していきます。

 

ストーリーを決める
要素が出揃ったら、それが起承転結でつながるようにストーリーを組み立てていきましょう。どのような順番で要素を並べていったらユーザーがわかりやすくなるのか、論点がズレていないか、などを確認しながら最終的な結論につながる道筋を決めていく作業になります。
ストーリーを決めるうえで重要なのが、ユーザーが満足するような解答を用意することです。
企業ブログを訪れたユーザーは解決したい課題を持っています。
そのため、その課題に対する解答がなければ、訪問した意味がなくなってしまうのです。
ユーザーの課題を解決せず、曖昧なまま記事が終わってしまっていては、次回の訪問に繋がりにくいので、このポイントはしっかり押さえておきましょう。

 

見出しの構成を考える
ストーリーが決定したならば、活用する要素を順番に並べ、見出しとして構成していきます。
見出しは、後に続く文章に興味を持ってもらうための重要なポイントになります。
「内容が伝わる見出しになっているか」「インパクトがあるか」「長過ぎる見出しになっていないか」などに注意して作っていきましょう。

 

見出しに沿ってライティング
記事全体の構成、見出しができあがったところで、いよいよ本文のライティングにかかります。細かい言い回しは後にして、できあがったストーリーに沿って一気に書いていきましょう。
SEOの観点からは、多くの文字数を費やしたコンテンツが評価される傾向にあるといわれてはいますが、文字数を稼ぐようなライティングをしても意味はありません。
そもそも重要なのは、ユーザーにとって有益な情報なので、それが分かりづらくならないよう注意しましょう。
ある程度専門的な知見や丁寧に解説を行おうとすれば、自然と文字数は多くなるので、まずは文字数を気にせず、内容を充実させるよう書いていきましょう。

 

文章の見直し・修正
ここまででコンテンツの文章が完成しましたが、本文を一気に書き上げたため、全体を見ながら修正を加えていく必要があるでしょう。
「言い回しがおかしくないか」「文書のつながりはおかしくないか」「きちんと意味が通じるか」「誤字・脱字はないか」などを念頭におきつつ、修正を行っていきましょう。

また完成後、公開するまでに時間があるようでしたら、公開直前にもう一度見直しを行いましょう。文章を客観的に読むことができ、より良い文章に改善することができるのでおすすめです。

 

 

注意するポイント

ここまで、記事の構成と記事を書く際のコツについてご紹介してきました。最後に特に注意しておかなければならないことについても触れておきます。

だれにでもわかるように書く
企業ブログは、自社製品・サービスの顧客やファン以外の人々、将来的に見込み顧客となりうるユーザーを取り込むという目的を持っているため、必然的に対象ユーザーの幅が広がります。
対象ユーザーが広がれば、自社製品・サービスでは当たり前のことでも、それを知らないユーザーがブログを訪れることが多くなるかもしれません。
これを念頭に置き、誰が読んでも簡単でわかりやすく、かつ簡潔に内容が理解できる文章を作成していく必要があります。

 

ネガティブな表現を避ける
ユーザーは企業ブログの内容によって企業に対するイメージを作るため、間違ってもネガティブな表現を使わないようにしましょう。
一歩間違えれば、自社に対してのネガティブなイメージをユーザーに植え付ける可能性があるからです。
読み手であるユーザーが、どのようなイメージを持つかを考えて企業ブログを作成していきましょう。

いかがでしょうか。
企業ブログを書くコツとポイントについていくつか挙げてきました。
企業ブログは、企業の広報活動に大きく影響するので積極的な更新が重要になります。
とはいえ、「やっぱり難しい」と考える人は多いのではないでしょうか。
弊社では、企業ブログの更新などWEBを活用した広報活動のサポートを行っております。
お困りの際は、お気軽にご連絡ください。