こんにちは。株式会社きびだんごWEBサイト制作を担当しています西崎です。

2019年が明けたばかりではありますが、いよいよ2020年は東京オリンピックが開催されますね。
東京オリンピック開催に伴い、海外から訪れる外国の方々が増加することが予想されますが、その方々は訪日前からパソコンやスマートフォンで、目的地の情報や日本のことを検索し、日本のWEBサイトを目にすることと思います。

オリンピック開催に伴う特需的な人の流れをいち早く捕まえるために、また訪日される海外の方だけではなく日本在住の外国人も対象にした、親しみやすい外国語のWEBサイトの構築についてご紹介いたします。

 

モバイルファーストでサイトを構築

日本国内のWEBサイトには、左右にメニューやバナー用のスペースがあり、真ん中にメインコンテンツがある、3コラム型というひと昔前に流行ったレイアウトがまだまだ多く見られます。

スマートフォンやタブレットが普及している現在では、各デバイスに柔軟に対応できるようにサイト制作の際はレスポンシブ化へと移行しており、パソコン用サイトでも縦にブロックが並ぶようなデザインが主流となってきました。
日本国内でまだ多くみられる3コラム型のWEBサイトは、レスポンシブ化に対応していないサイトも多く、スマートフォンでは文字も読みづらく不便さを感じるため、サイトに訪問した海外の方が目的の情報を収集できない可能性も否めません。

また、日本国内のサイトはたくさんの情報を表示させているサイトも多いため、一度に目にする情報量が多すぎて、どこから読んでいけばいいのか分からないことも多々あるので、まずはコンテンツに優先順位をつけたうえでページの表示面積を工夫し、目的の情報に誘導する必要があります。

海外のサイトは文字よりもビジュアルを押し出して、TOPページに情報を詰め込みすぎないシンプルなデザインのサイトが多くみられます。そのため、海外の方へ向けたWEBサイトを制作する際には、モバイルファーストを意識し、訪日外国人や日本在住の海外の方にとって、必要な情報が正確に伝わるようにサイトを再構築したり、その国で好まれているデザインや情報の伝え方を参考に検討してみるとよいかもしれません。

 

翻訳しやすいWEBサイト制作のポイント

外国語に縁遠い方は海外のサイトを訪れた時、ページ自体を日本語に翻訳することもあるのではないでしょうか。

日本語が分からない海外の方も同様で、ブラウザの翻訳機能や翻訳アプリなどを利用して目的の情報収集を行っていますが、サイトのメインビジュアルや見出しの文字が画像になっている場合、翻訳した際にテキストとして認識されないため自動で翻訳することができません。

タイトルや見出しを画像で作るのではなく、テキストを反映した方が翻訳にかけることができるため、サイトに訪れた海外の方の理解はより深まります。

また、文章を短く簡潔にすることで、自動翻訳の精度も上がるので、検索した際に見つけやすいWEBサイトと言えるでしょう。見つけやすいWEBサイトは検索エンジンの上位に表示されるため、サイトへの訪問率は高くなります。

様々な言語へ対応したWEBサイトや、クオリティの高い海外向けページの制作・維持は困難ですが、翻訳されやすいサイト制作を心がけると良いかもしれません。

 

文字だけではなくシルエットを利用する

言語以外にも記号や図、イラストなどで表現した方がわかりやすい場合があるので、海外の方へ向けたWEBサイトでは文字だけではなく「ピクトグラム」というシルエット記号やアイコンを利用しましょう。

しかし、文化的背景の違いから意味の取り違いがあるので、それを未然に防ぐためにアイコンやピクトグラムを使用する際には、誤解が生じる可能性の有無や、きちんと理解できるかを配慮する必要がありますので留意ください。

国土交通省の関係公益法人である交通エコロジー・モビリティ財団では、数多くのピクトグラムを無料で提供しています。行政でも推奨されている記号なので、ぜひ利用して、分かりやすく見やすいサイト構成を心がけましょう。

 

海外の方向けサイトの配色

多くの場合、「色」が与えるイメージは普遍的なものですが、文化により様々な「色」の解釈があります。それぞれの「色」は各国の文化や歴史を反映した象徴的な意味合いもあるため、「色」の選択次第では不要な情報を伝えてしまったり、意図したメッセージとは反対の情報を与えてしまう懸念があります。

海外の方に向けたサイトを制作する際は、テキスト同様に「色」から伝わる様々なメッセージや意味を理解し、それを考慮したうえでサイトの配色を決定するとよいでしょう。

 

 

いかがでしたでしょうか。


海外の方と一言でいっても、文化的背景や印象はひとそれぞれです。
すべての方へ向けたフレンドリーなサイト制作は困難ではありますが、情報を発信したい具体的なターゲットを明確にし、その上でアイコンやピクトグラムの形状や配色を検討したり、簡潔な文章やサイトを訪れた各国の方々でも分かりやすい日本語を取り入れたりすると、より親切で情報を収集しやすいサイトになるのではないでしょうか。

 

弊社では、WEBデザイン/ホームページ制作を承っております。
レスポンシブ対応やライティングページの新規制作、またWEBサイト制作やリニューアルについて、お気軽にご相談ください。