こんにちは

日々、コロナウイルス感染症が増える中患者様におかれましては、お見舞い申し上げます。また、医療従事者の皆様には感謝申し上げます。さて、弊社の最近のZOOMを活用したオンラインミーティングやオンライン講演会などの動向に変化がありましたので、ブログにて共有させて頂きます。最近のお問合せの動向として海外に拠点やクライアントをお持ちの企業様からの問合せが増えている傾向にあります。主なエリアとしては、アジアではタイ、中国、ミャンマー、ベトナム、マレーシア、シンガポール、欧米では、アメリカ、カナダ、ドイツ、イギリス、オランダ、ベルギー、ノルウェー、フィンランド、スイス、スペイン、イタリアなどの地域とのオンラインミーティングについてです。

企業様にヒアリングをさせて頂きますと、

  • 渡航自粛によりセールスや情報共有ができない
  • 新製品や新サービスの案内をする方法とは?
  • 自社でもオンラインセミナーを開催するが、うまくいくか不安
  • WEBミーティングの進め方が分からない

など、課題は様々です。しかし多くの場合、一番の不安は顧客とのリレーションシップやコミュニケーションが取れてないことにあるように思います。その中で有効な手段として考えられるのが、オンラインセミナーをグローバルミーティングとして行うことです。海外出張ができない状況の中で、顧客とのコミュニケーションをどう取るかが、ゆくゆくの他社との差別化に繋がるようにも思います。

開催方式としては、

①ミーティング形式(画面上に参加者の顔を見ながら進める形式)

②ウェビナー形式(参加者には演者の顔しか見えず、一方的に進める形式)

の2つが挙げられます。どちらにもメリット・デメリットがあります。比較に関してはコチラをご参照ください。

ミーティングとウェビナー

 ミーティングウェビナー
説明Zoomミーティングは、よりインタラクティブなセッションを主催するのに理想的です。多くの参加者を集めたり、セッションを小さなグループに分けたりすることができます。ウェビナーは、バーチャルな講堂あるいは公会堂のようなものです。ウェビナーは、多くの観衆を集めるイベントや一般公開のイベントに最適です。通常、ウェビナーの参加者はお互いにやり取りすることはありません。Zoomには、出席者同士がやり取りできるオプションもありますが、1人または数名の講演者がオーディエンスに向かって話すのが平均的なウェビナーの方式です。
最適な用途少人数から大人数のグループ(参加者が2名以上):

  • 顧客との対面ミーティング
  • 営業のミーティング
  • トレーニングセッション
大規模なイベントや公開放送(参加者50名以上):

  • タウンホール
  • 四半期決算発表
  • 教育講演会、講演会
代表的な利用者:
  • 一般従業員
  • トレーニンググループ
  • イベントホスト(企業様・主催者様)
  • SVPおよびCスイート

機能の比較

機能ミーティングウェビナー
参加者の役割
オーディオ共有
  • 参加者は全員、オーディオをミュート/ミュート解除できる
  • ホストは参加者をミュート/参加者のミュート解除をリクエストできる
  • ホストは入室時に参加者を全員ミュートにできる
  • ホストと参加者は自分のオーディオのみをミュート/ミュート解除できる
  • 参加者は視聴専用モード*で参加できる
  • ホストは1名以上の参加者をミュート解除できる
ビデオ共有すべての参加者ホストとパネリスト
画面共有
定員無料ライセンスでは最大100人、プランに応じて、大規模ミーティングアドオンでは最大1,000人ライセンスに応じて、最大100人~10,000人
参加者リスト全参加者が閲覧可能ホストとパネリストのみが閲覧可能
メールでのリマインダー 登録が有効になった場合:
チャットミーティング内チャットウェビナーチャット
ミーティング中の反応 
意思表示アイコン挙手のみ
Q&A 
ファイル転送 
ホワイトボード
注釈
投票ミーティングについての調査ミーティングについての調査
ライブ配信FacebookYouTubeWorkplace by FacebookCustom Streaming ServiceFacebookYouTubeWorkplace by FacebookCustom Streaming Service
登録ミーティングの登録ウェビナーの登録
字幕機能
録画
ブレークアウトルーム 
実践セッション 
待機室 
Paypal統合 
参加にパスワードを要求する
国際線用ダイヤルイン番号

*注記:ホストまたは共同ホストが参加者の発言を許可した場合、参加者はマイクをオンにできると同時に、自分をミュートまたはミュート解除できます。

上記は、ZOOMヘルプセンター公式サイトより抜粋したものです。

いかがでしたでしょうか?ZOOMと言えども様々な機能がありこれを使いこなしながら顧客とのリレーションシップを構築していくことをする上で、何かお困りごとがあればぜひお気軽にご相談ください。最後までお読みいただきありがとうございました。