動画制作を行っている会社の制作担当者のセリフとしてはどうかと思うのですが、現在の映像の分野では、スマホのカメラや編集ソフトの進化でプロに頼まなくてもそれなりのものができてしまう時代になっています。だからこそ、本当にプロの動画制作会社に依頼をする必要があるのかどうかをしっかりと吟味する必要があります。
そこで今回は、プロの動画制作会社に動画の制作を依頼する理由をご紹介し、自社のコンテンツとして動画を制作する場合に、動画制作会社を利用するべきかどうかの判断基準をお伝えしていきたいと思います。

プロの動画制作会社に依頼する理由

現在では、YouTubeなどの動画を簡単に閲覧できる方法が普及し、視聴者が動画を閲覧することは日常になってきました。
さらに、「動画をつくる」という点でも、気軽に撮影・編集ができるものが増え、「一億総クリエイター」といっても過言ではない、という状況がやってきています。
そんな中で、「動画制作会社に動画の制作を依頼する」理由は大きく2つに絞られます。

目的に見合った制作ができる

理由の1つ目は、なんといっても自社の目的に合った効果を生み出せる動画を制作できることです。
現在では高い動画制作のスキルを持っていなくても、テンプレートなどを使えばそれなりの作品が出来上がるので、自社で動画制作を行うところも増えてきていると聞きます。
しかし、例えば「採用のための動画」と「広告のための動画」では、伝えるべき内容も、撮るべき被写体も、編集の方法も、すべてが異なります。

その中で、目的に見合った動画を作るためには、適切な企画・撮影・編集を行わなければいけません。
そして、お客様の目的に見合った撮影や編集を行っているからこそ、プロの動画制作会社が存在できているといっても過言ではありません。
動画制作会社は、お客様の目的に合わせ、さまざまな提案を行い、狙った効果を最も得られるかたちで動画を生み出していきます。
「何のために動画を制作するのか」を考えながら、自社で動画制作を行うのか、動画制作会社に制作依頼をするのかを判断すると良いでしょう。

「動画でやりたいこと」を解決してくれる

自社で動画制作を行う場合、技術や機材の問題で「やりたくてもできないこと」が大きなネックになります。
動画制作会社に依頼する理由としては、この「やりたくてもできないこと」を解決してくれる、という点があげられます。

撮影や編集のための、専門的な技術や機材を備えていることは勿論、動画制作会社ごとに得意としているジャンルなどもあり、自社の「やりたいこと」と制作会社の「できること」が一致することによって、動画制作会社に制作依頼する意味が生まれます。
制作実績などを確認して、自分が求める動画と近いものや、自分の目的に合ったもの、そして予算内に収まるものがある制作会社をインターネットで検索するなどして見つけると良いでしょう。

また、求めていた内容のものがWEB上に公開されていない場合でも諦める必要はありません。
動画制作会社が制作する動画の中には、契約上の理由や配信媒体の関係で、WEB上で公開できないものも存在するので、万が一実績に求めていた動画がWEB上に無い場合でも、制作会社に相談してみると、ピッタリの提案をしてくれることも少なくありません。
まずは「こんな動画が欲しいんだけど…」と訊いてみるのが大切です。

 

いかがでしたでしょうか。
今回は「動画制作会社に動画制作を依頼する2つの理由」と称して、なぜ動画制作会社を活用するのか、どんな時に動画制作会社に制作依頼を行えばいいのかをご紹介しました。

きびだんごでは、お客様の目的やご予算、動画の使い方など、さまざまなポイントから最も効果が生まれる動画の制作や、それに関連するサービスの提供などをご提案します。
お客様にとって何が必要かを常に考え、理想的なかたちでお客様の目的を達成していきます。
動画についてお困りの際は、ぜひお気軽にご相談下さい。